無料ブログはココログ

Taku's World

2023/09/04

久しぶり 沼津市 市制100周年に寄せて

今年(2023年)、沼津市は市制百周年。市民憲章50周年の年でもある。22歳で教育界に身を置いて50年。感慨文を2本。やや過激に。

〇気がつけば半世紀 社会衰退の前兆           

 退職して12年経った。現職38年と併せれば50年。何と教育界に身を置き半世紀が経ったのだった。大学の卒業記念で後輩から贈られたのは鉄筆セット。今や、それって何?だ。PCで原稿を作成。印刷はリソグラフ。平成1桁年にB版はA版になって、今や非紙媒体へむかっている。黒電話、ダイヤル電話はスマホやメールに。本市50年、丸井も西武もニチイも消えて、ヨーカードも去った。閑散駅前通りに仲見世通り。うじゃうじゃ、わいわいが消えて、がらがら、すきすきに。
 教育界では、本県の採用倍率は10数倍時代から3倍以下、教科によっては2倍以下だ。学校の小規模校化に加えて教員不足が深刻。教職課程を開講できない大学もあると聞く。教員のなり手がいない。超のつく時間外勤務は50年前にだってあった。何が違うか。私の初任時は私のような未熟な教員を保護者達は側に立って大切にし、育ててくれた。が、今や保護者、地域のクレームに備えてピリピリだ。教員の、いや学校教育そのものの社会的地位は低下。塾や私学が跋扈するが、それは受験と部活。教員への敬いなどは鉄筆の今昔と同じ。学校教育は20年後・30年後の社会作りで、その社会の担い手を計画的に育んでいるのであって、受験成果が使命ではない。だから、学校教育の軽視や学校の教育力(授業力)の低下は社会(国)衰退への道となり前兆とも言える。  
 現職教員には難しい時代になった。正解探しの授業、教える、伝える技術や統率力よりともに学びあう授業づくりが希求され、授業改善が求められている。が、それが難しい。慶応高校の監督のように指導者と選手とのよき距離間を創るのも難しい。余程に研鑽せねば無理なこと。主体的な学びとは言うが、子供がその気にならなければ学びは成立しない。これまた難しい。教師は指導者から伴走者へとも。これ、またまた、だ。教師自身がよき学び手でなければ、それはイメージできずに途方にくれるだけ。うーん、10年後、危ないなこの国。

〇気がつけば半世紀 昭和は通用せず
 新卒でK中に着任して50年。半世紀が経った。私が中学2年の時に東京五輪で新幹線が開通。この年の高校進学率は67.7%で1/3は中卒だった。我が家も極貧で高校進学がやっと。大学進学のダの字もなかった。当たり前だが、大学へ進まなければ教員にはなれない。不思議にも、高校の先生方や沼津市のおかげで大学進学への道が開かれて教員になれたが、暫くして、職員室の先生方は全員が大卒。自分もその一人と気づいて驚いた(笑)。あれから50年。社会激変の様はすさまじい。今年、自治会役員に就いたが、正副会長は全員がほぼ60代後半を超えて70代が主役。昭和の申し子のような人たち(私も含む)だ。上り坂を皆で上って、高度経済成長を謳歌したが、1970年(平成2年)からの失われた30年を演じた社会の中堅層でもあった。上が下をグリップし、異論や異議は認めず、忖度させて全員一致。が、今や真逆。統一・均質より独創性や創造性を重視。皆違っていい、だ。社員旅行が消えて、社内運動会もなくなった。出社せずのテレワークも珍しくない。社会の変化は生活の隅々に素早く派生して、各個にその適応を求めてくる。だが、皆同じ世代は、それらへの適応を拒否。財界幹部は嘆く。日本人には分からないことはやらない文化があると。確かにだ。変化を受け入れず、分からないデジタル文化等は忌避して、「不易流行」と宣う。不易流行の本意を間違えているが。
 60歳で皆一斉に退職。能力があろうが、なかろうが皆平等に定年退職するから不平はない。これがidiot。中韓は有能な我が国の退職者を高額で雇用して利用して自国の産業経済に活かしてきた。結果は知るべしで、頭の中がぐらぐらしてくる。
 今、多くの組織で中間組織が綻びかけている。問題や課題を内包するリアリティは末端にある。昭和手法のままに末端からは離れた中間組織が、上から目線で協力要請しても、末端はうるせーなあだ。それが具体に現れたのが、松山、高知両市P連の県P連からの脱退だ。
 自治会も違わずで、昭和世代が役員を占めて、昭和のままを演じ、住民の不協力を嘆く。上から下へではなく、下から上へで、住民自らの参画が重要な時代になっているが、その時代認識に立てない。だから、反対や異論、異議を嫌う。下からの声こそ重要なのだが。行政もよろしくない。自治会は自治の会であって、役所の出先ではない。ここにも昭和の残滓、上から下への意識が働いている。その上から下への伝達手段が回覧板で、そもそも、回覧板は昭和15年、内務省発のものだ。それが今なお続いて、HPやネット活用に至らない。まだ、時期尚早で全員が使えないと昭和世代は言うが、全員ではない。昭和謳歌時代の人たちだけだ。で、回覧板という昭和初期が今なお続いて悠久不変。不思議な世界である。

○子供たちの65%は将来、今は存在していない職業に就く (キャシー・デビッドソン・ニューヨーク市立大学大学院センター教授)
○今後、10年~20年程度で、半数近くの仕事が自動化される可能性が高い。(マイケル・オズボーン氏 オックスフォード大学准教授)

2023/01/17

獺祭 旭酒造櫻井社長に学ぶ

昨年薬剤師になった姪っ子から、新年ご挨拶で獺祭をいただいた。そんな高価なお酒を呑んだことがなかったので、仏壇に供えていたら、生もの、できるだけ早くお飲みください、で慌てて封を開けた。獺祭、元旦届けとあった。ワイングラスで香りを楽しみ、喉を通した。甘く芳醇な香だ。「私たちはWineのような日本酒を造ろうとは思っていません。」日本酒らしい日本酒を造ろうとしている意気込みが感じられる。これなら売れると思った次第。だが、その味以上に、この獺祭を調べていく内に、獺祭の櫻井博志社長を紹介した「ぼくらの履歴書」に行き着いた。https://employment.en-japan.com/myresume/entry/2020/06/16/103000 「小さな蔵元で売り上げ減少、廃業寸前から世界の銘酒へ。杜氏の寒づくりから脱却。今日と同じ明日は来ない。何かが起こる前提でやるしかないと櫻井社長。今や世界の獺祭。ぐっと来た。」 とFBに書いてupした。社長の仰るとおり、今日と明日は同じではない。今日は昨日とも異なる。昨日またかくてありけり 今日もまたかくてありなん、ではない。その変化を見つめる目が大事だし、その目があるかどうかで明日を開けるかどうかが決まる。気づきこそ大切なのだ。

2023/01/15

知的で素敵な人であってほしい

昨日、静岡出張があって、通勤時間帯を少し回った頃の電車に乗った。座ったシートはシルバーシート。70歳を超えた高齢者だから、まあいいだろうと座ったが、私より高齢者が乗車してきてシートに困っていたら、席を譲ろうと覚悟を決めていた。車内は空いていた。よかったである。富士辺りから1人の清楚にコーディネイトされた服装の妙齢な女性が乗ってきた。彼女は脇目も振らずシルバーシートへ。服装からくる印象と行動とのギャップに驚いた。だが、それだけではない。質実なリュックから百均で売っているような小物入れを出すと、その中から化粧道具を出して、車内化粧を始めた。えっ!である。この人が?服装から沸き立つイメージと余りに違う。そうして、一通りのメイクが終わったら、それらを件の小物入れにしまった。次にスマホを出して、さかんにスマホを見ている。私はざっと車輌内を見渡した。スマホを操っているのは6人。読書していた1人の若者がいた。何やら文化の違いを感じた。件の彼女は草薙で降りた。まさか、県立大や常葉大の学生ではあるまい。学生の年齢ではなかったからだ。目くらましを受けたような感じになって静岡まで乗車した。

2021/01/27

高齢者と老人は異なる

 いよいよ今月卯月の半ばには満の古稀を迎える。数え年ではもう既にである。
「酒 債 尋 常 行 處 有 人 生 七 十 古 來 稀 酒 債 尋 常 行 處 有」(曲江 杜甫)
人生70年古来稀だというが、今やうじゃうじゃ。人生80年の時代、たかが70歳だ。だが、古稀を迎える私より遙かに若かった人がいたし、いる。地下鉄サリンで一躍世界に名を馳せた聖路加病院の故日野原重明氏。サリン事件のこの時、83歳で陣頭指揮を執り630名の治療にあたった。3年前の80歳の時に、大災害に備えて廊下、待合室の壁面に酸素配管2000本を設置していたそうだ。2017年満105歳で世を去られたが、96歳でなお教壇に立っていた。諏訪中央病院鎌田實先生。1948年生まれというから私より3つ上。チェリノブイリ、イラク、東北の支援を今なお続けている。「幸せだから笑うのではない。笑うから幸せなのだ」このことばにぐっときた。励ましの名人だ。何と言っても加山雄三。1937年4月生まれと言うから満83歳か。それでも若大将と呼ばれる。うらやましい限りだ。歌と海をこよなく愛す。タレント業のほか、音楽家としてギタリスト・ピアニスト・ウクレレ奏者、画家でもある。
 高齢者即ち老人ではない、と思い切って私は見栄を張る。北城恪太郞さんではないが、(あ)明るく、(た)楽しく、(ま)前向きに生きることができる人は美しく若々しい。そしてプロであり続けている。人はみな何かのプロだ。プロはその人しかできない何かができる。日野原さんも、鎌田さんも、加山雄三もできる何かをもって、明日を夢見てなお向上心を忘れず、それぞれの社会で人々に勇気と希望を与え、光を放っている。その活力、エネルギー。若い!いくら年齢重ねたって若くはいられるのだ。その逆を言えば、その心の持ちようを失った人が老人なのである。

2019/07/29

佐々木投手の登板回避と部活の闇

部活ガイドライン 抜け道探る動き 「闇部活」の実態

名古屋大学大学院の内田良が表記の小論をWEB上に寄せている。部活ガイドラインの内容は、平成9年9月の体育審中間まとめの内容に近い。あれから22年、何ら変わっていないということだ。だが、その中間まとめも当時の高体連、中体連の組織をあげての抵抗にあって、本答申では消えている。大体が、部活動の負担軽減など彼らが賛成するわけがない。高体連も中体連も、新潟高野連の負担軽減にクレームを付けた高野連も、役員たちはその既存の体制の中で地位を得ている人たちだ。その彼らが自らの足下がぐらつくような改革に乗ってくるわけがないのである。そして、部活動の厄介なところは、特に高校は〇〇大学何人合格、全国総体優勝などを生徒集めのPRに使い、まるで自校の教育成果が有名大学に入れることやインターハイで好成績を修めるところにあるような振る舞いをしているのだから、そう簡単に改革ができるわけがないのである。現実を見たらいい。国際大会で活躍している選手たちで、部活動だけで育ってきた選手が何人いるのか。我が国の全体的な国際大会の結果を見たって、個人スポーツが殆ど。野球やサッカーだって、部活動育ちではなく、クラブ育ちが殆どだ。もっとも中体連の野球は軟式だが。もはや選手育成などは部活動では無理なのだ。大体が公立中学校は小規模校化でチームスポーツはチームを組むこと自体が難しくなっている。学校体育は生涯体育の一貫に位置づけて、ほどほどに、そして運動を好きになるところで十分なのだ。私学経営者もスポーツで経営しようとするなら、クラブをつくればいい。高校に在籍させて、例えば野球のために授業は適当でいい。成績不良でも単位はあげる、修学旅行は行かせず練習優先、なんてあってはならないはずが、それがまかりとおる。変ですよ。それは大蔵省、財務省、それに文科省の責任が大きい。部活動を容認し学校体育でスポーツ行政をやってきたおかげで、この国には、プロのスポーツ指導者が育たなかった。要するに科学的知見をもったスポーツ指導者が殆どいないという状況を生み出してきたのである。生涯スポーツ振興にはお金がかかる。余程学校で学校の施設を利用して、学校の先生方にまかせておいた方が安上がりにできるからである。逆にスポーツ指導者で生計を立てるには、水泳、柔道、剣道、最近では卓球、体操等、個人が入会できるスポーツの分野でしかない。奇しくも大船渡野球部の國保陽平監督は、筑波大学体育専門学群を卒業、社会人クラブチームにも所属し野球米国にも渡り独立リーグの選手にもなっている。さらに監督とはいっても体育科を担当するの教師なのである。大学での知見、米国での経験など国際感覚も有した監督だったのである。佐々木投手は奇跡的によき監督に巡りあったというべきである。
 野球は特別ではない。朝日新聞や毎日新聞が大会を組織しイベントにし記事にしているからおかしくなる。多くの他の種目と同様で、全国大会はインターハイなのである。一同に会せずともいい。5月から1週間に一度の地域リーグ戦や代表戦を7月までにやって代表が甲子園に集まったとしても、4日以上は開けるようにしないといけない。夏の暑さの中、汗と涙、連投にもめげず、ファンがドラマを見るために部活動をやっているのではない。そんな美化されたストーリーのために野球をやっているわけではないはずだ。
 終わりに一言。私は昭和50年代に部活動を学校体育から外に出し、学社連携で実施した経験を有している。私自身、部活動に熱かった教員であったが、この学社連携の育成会によって、①専門的指導者を得て部活動自体の成績は飛躍的に向上した。②これが何より。中学校において、部活動の時間的制約を受けずに、放課後、学習における個人指導や生徒会活動、学級会活動が極めて充実した。勤務時間内から部活動を実施していた他校にはなかったことである。

2019/04/28

全国学力テストはあったのか?

全国学力テストに英語が加わったとマスコミは報じる。??我が国に全国学力テストはあったのか?あれは全国学力・学習状況調査であって、文科省も全国学力テストとは一度も言ってない。学校では学学調査と言っているところだ。マスコミが敢えてテストと言っているところに正体が見える。何しろ限られた紙面を操る新聞社にとって、調査2文字のところを3文字にするのだから、そこに託した意味は大きい。どうしてもテストにしたいのだ。各県別の平均点を出して各県を比較してあそこは高いこちらは低いとやるのだから余り見識がない首長はそれに反応して管下小中学校に当たり散らす。各校は過去問をやらせたり傾向を探ったりして「対策」を施す。それが教育か?慣れてなかったからという教育関係者もいる。慣れてテストで高い点をとれたら教育力があがったのか?この図式、気がつきませんか?入試対策と同じ。傾向と対策という受験雑誌があったが、そのままの図式である。この調査は学習状況と学力をクロスさせて自校の教育の在り方を点検し各校が実態に応じて総合的な教育力を高めるところにある。早寝早起き朝ご飯というキャッチフレーズがあったが、あれはこの学学調査の前身になる教育課程実施状況調査で、基本的生活習慣が高い子どもは学力が高い傾向にあるというところから得たフレーズだった。当然と言えば当然だ。かつての某小学校。宿題もよくやる、学習時間も結構長い。しかしながら二極化傾向が著しく相対的に学力は高くない。なぜだろうと調査を詳細に見てみたら、自尊感情が低いことが判明。さらに家でも学校でも「誉められた」経験が少ないことが分かった。自尊感情が低ければ意欲や関心を阻害する。梶田叡一氏や人権学者、脳科学者等の共通認識だ。このようなことをつまびらかにして指導を改善し教育を向上させていくところに意義があったのである。そもそもが、莫大な予算をかけてこの調査を実施する意義は何か。名前のとおり全国の学習状況や学力を把握するということが第一にあろう。それなら抽出だっていいはずだし、民主党政権の時は抽出だった。だが、この調査のミソは悉皆にある。OECD、PISA調査対策を文科省でやろうといったって不可能。全国の小中学校をその気にさせて、PISA調査に向けて(殆ど気づいていないが)自らを点検してそれを活かした実践をし成果をあげるシステムを創り上げなければ不可である。それは成功したと言っていい。PISA調査における近年のスコアは高いレベルにあるのだから。全国学力調査にはA問題、B問題があるが、これはPISAも同様。とりわけB問題は従来の授業観、学力観の転換に寄与すること大だった。何しろ、学んだことを生活の場で活かせるかどうか、そのリテラシーを調査するのだから、従前の学力観とは全然違う。この調査も個人の属性や学校の基本属性の特徴や学校の財政基盤等も答えることになっているが、このクロッシングが重要で、例えば理科における好き嫌い、男女の違い、無答傾向、解釈する力等、各国の教育・経済やこれからの社会の在り方に示唆に富んだものだからである。その一方で世界で日本はどの位の位置にいるかで一喜一憂しているのも事実である。
さて、マスコミは調査でなくテストにどうしてこだわるのか。その一つは、記者自身の入試学力崇拝があろう。彼ら、それを勝ち上がって今日を築いている。否定すべき装置ではなく否定できない装置なのである。自分の優位性を証する大事な装置なのである。二つは、テストということばのインパクトで、調査よりテストの方がインパクトが有りセンセーショナルでもある。これを使う時点でマスコミは公器としての使命を放棄しているというべきである。三つは、あってほしくないが、予備校、私学、宿などの受験体制の享受者たちの働きかけや圧力またはマスコミ側からの忖度である。
結びに、マスコミが好んで取り上げる平均点は、一人も平均点の子どもはいないのである。一括りにして論じるのはやめよう。子どもはその子なりに伸びる権利はあるし、子どもの健やかな成長を扶けるのが我々社会の人々の使命である。平均点の競争を煽れば学力が向上するというのは幻想である。

2018/06/15

東京への修学旅行

この日の東京行きはいつものごとく小田急。小田原から代々木上原まで550円。沼津から小田原までの回数券700円と合わせても1250円。5月末は350円だったから、1000円ちょっと。この日はweekday。小田急が新松田を過ぎた辺りから混み始め、相模大野以降は立錐の余地もないほどだ。代々木上原で降り、地下鉄券を購入して千代田線で表参道へ。ここで銀座線に乗り換え。修学旅行生に出くわしたのは、ここ表参道。制服の女子中学生は立ちすくんでいる。構内の人の波が切れないのだから、地方の子どもは右往左往であろう。これは学習。よい経験でもある。汐留の浜離宮恩賜公園の入口でも修学旅行生に出会った。こちらは集団行動。バス1台。学級での移動かもしれない。浜離宮を選ぶなどなかなか歴史通だ。バスのフロントガラスには「豊橋市立」とあった。沼津にいると奈良・京都への修学旅行が定番だが、名古屋方面の学校はこちらかと思った。六本木でも修学旅行生を見つけた。TDLとセットらしい。何のための修学<iframe src="https://www.facebook.com/plugins/post.php?href=https%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2Ftakuo.uchida.370%2Fposts%2F1836752669963321&width=500" width="500" height="702" style="border:none;overflow:hidden" scrolling="no" frameborder="0" allowTransparency="true" allow="encrypted-media"></iframe>旅行か…。

道徳指導

依頼を受けていた若手研の道徳指導、4校目が終わった。小学校2校に中学校1校。13日水曜日の道徳科授業では、授業の最初にまず指導者が、第8回道徳指導と板書した。うむ、これは立派。4月から始まって、6月半ば。学校の教育課程は窮屈で、学級開きのころは目標や組織作りの時間がない。修学旅行といえば、充てられている時間は本番だけ。連れて行くだけの修学旅行なんて危なくてできない。行事の準備、指導、本番。その本番が終わって帰ってくれば、また、その後始末。ただ連れて行けばいいというものではない。そういう中で、教科学力に直結しない道徳の時間等は、ついつい、その指導時間に充てられる。そうしなければ、放課後は拘束して指導。時間外授業のようなものだ。そんな中、第8回。よくやっている。実施しているだけでも誉めてやれる。加えて、学校全体で共通の授業構成があるのだという。体制作りもできている。若い先生。こんな環境にいることは幸せだ。伸びるに違いない。

2018/05/30

校長職って何?日大事件を重ねて

日大の学長は№3だという。驚いたなあ。小中学校の校長の上は設置者としての首長がいて、首長が主宰する教育委員会があって、事務局のトップが教育長ということになる。だが、そこには一線があって、校長は校務をつかさどり、所属職員を監督するのであるから、一校のトップとして職務権限が法的にも保障されている。どうしてもなじめないのは、日大では学長の上に二人いるということで、それは経営者。それでは、株式会社日本大学ではないか。学校じゃないね。公立学校の校長職にも問題がある。校長職であった人はうじゃうじゃいるけれど、校長職を追い求めた人は希少。学校という小さな世界に鎮座しても、エリアでボス然としても、それはそれはローカルな世界。しかも退職で、そんな地位は消え去っているのに、未だ特別な校長室にいるように振舞っている輩が多いこと多いこと。世界を知らない人は、世界が分からない。世間を知らない人は、世間常識が分からない。退職したら、自分の下には部下はいないと自覚すべきだが、それができない。世間で通用するのは、教育界に身を置いて得た学識や専門性、それに世間に通用する人となり。校長職を追い求めた人は、それを学んでいるから、外の世界で通用する。校長を経験することは権限や権力を使うことを経験することでもあるが(小さな小さなものだが)、校長職とは何かを追い求めてこなかった輩には、その使い方が分からない。社会秩序維持には権力や権限は必要だ。問題はそれをどう使うかだ。大物は少し使うが、小者は振り回す。悪人は、自分のために仲間や一部のために使うが、賢者は、皆のため、人のため、世のために使う。然も公平公正であることに最大限の配慮をする。そんなことは、退職した後のお行儀をみていれば、大物か小物か、本物か偽物かは、すぐ分かると大先輩が教訓してくれた。在職中にトップに立つことの苦しみや懊悩を経験しない輩は、自らを知って蟄居するくらいの覚悟が欲しいが、それで蟄居するような人物は大物ということだ。日大アメフト事件の内田も監督になってはいけなかった小者だったということだ。メンバーを選ぶのに、選ばなかった選手について苦しんだり悩んだりしたことはないだろう。完璧な人なんているはずがないが、開き直って、何を間違えたか、すぐなる世の中を横に歩く自己中は多い。多いし、その取り巻きもこれまた多いということだ。内田のコーチ陣。

2018/04/19

無様な東大卒高級官僚

2005年6月17日私のHPにかような一節をUPしたのを思い出した。福田次官も佐川氏も小中学校時代は恩師から見れば自慢の子どもであったに違いない。だが、年齢を重ね地位も上げて官僚社会での振る舞いを見ると、このエリートたちの教育が何か間違っていたように思えてならない。

…略…中学、高校で子供たちが受けた苦しい訓練と抑圧は、不思議にも大学生になったとたん消え去る。成績評価はてぬるいし、企業は成績にはほとんど無関心だ。大学を卒業し就職すれば、大学で何を学んでいようと関係なく、新入社員研修で一から訓練を受け直さなくてはならない。大学の勉強は将来にほとんど影響しないので、高校を卒業すればあとの4年間は遊んで過ごすだけだ。
…略… 東京大学はまさにエリートの頂点に立つ大学だが、欧米の基準で見れば学問の園どころか学問の墓場である。大学本来の一大目的は学生に社会奉仕精神、一種の倫理観を育てることだが、東大では全く心得ていない。卒業生はまっすぐ政府の省庁に入り、そこで賄賂を受け取り、暴力団に金を貸し、カルテを改竄し、河川や海岸を破壊する計画を立てる。─同僚も教授も、それに対してうんともすんとも言わない。先進国の名だたる学府で、世界にも自国の社会にもこれほど貢献していない大学はまずないだろう。
これは、Yale 大で日本学を専攻し、Oxford大で中国学を修めた後、慶応大に通いながら日本の茅葺き屋根を修復して歩いた「美しき日本の残像」「犬と鬼―知られざる日本の肖像」の著者アレックス・カーの愛する日本に向けた近親憎悪にも似たような日本の教育制度批判だ。「大学で 4年間、つまらない講義を受け、ほとんど勉強しないで無為に過ごすのは、効率優先の国にしては信じられないほどの時間の浪費ではないか。」とすれば答えはただひとつ、日本は本当は大学など必要としていないとしか考えられない。こう言い切るのは、エドウィン・ライシャワー元駐日大使。日本の教育が真にめざしているのは「教育」ではなく「去勢」だ。(元厚生官僚の故・宮本政於氏)…略…

最近のトラックバック

2023年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30