無料ブログはココログ

Taku's World

2016/01/10

正月は厳粛を味わうとき

今年の正月は何と濃密であったことか。除夜の鐘が鳴る頃、氏神さんである浅間神社に初詣。その足で菩提寺へ新年の墓参り。一寝して、原の海岸へカメラかついで初日の出を拝みに。元旦の駿河湾は風穏やかで波なく、やがて、伊豆連峰は赤く染まって、平成28年の幕開けが演じられた。家に帰ってしばらくして、今度は和服に着替えて三島大社へ。昨年に比し何と和服が少なくなっていることか。  元旦だというのに怒りもふつふつ。昨年もそうだったが、三嶋大社、成田新勝寺、多くの参拝客で賑わう中、拡声器を竿にくくりつけ、または背負い、なぜ、「神は…」とわざわざやりに来るのか。あの排他性は、ISとおなじ。シーア派とスンニ派のようなものだ。新宿駅西口でやるのならまだ許せるが、こうして初詣にくる参拝者に向かって神社や自分たちの教義をがなり立てるのは嫌がらせでしかない。参拝者は「罪深く懺悔しなればならない」のか。彼らを止めるには、キリスト教会の前で、太鼓鳴らしてお念仏なりお題目を唱え、罰当たりと叫ぶしかないのかもしれない。  さて、正月2日。伝統行事は、田舎ではなく都会でなくては伝承でいなくなっている。例年と同じで、駒込の六義園で神田囃子、寿獅子を見、次に浜松町に行って、旧芝離宮恩賜庭園の弓道場で行われている「三番叟」を鑑賞。一昨年羽織袴の外国人が演奏していたが、今年は中学生。参加型の三番叟を楽しみ、次は上野の旧岩崎邸洋館での尺八、箏曲の演奏を堪能した。この三箇所で共通していたことは、お志の依頼があったこと。このような伝統行事を伝承していくには費用が要る。ボランティアではできないことで、本来なら予算を付けて守らなければならないことだが、資金が不足しているということだろう。  4日は成田山新勝寺。青春切符でグリーン車。本殿で護摩行を受けられる。無病息災、開運を願ってきたが、ここにも参拝者嫌がらせのキリスト教団がムードをぶち壊している。こういうのは信教の自由ではなく、信教の妨害。彼らこそ大いに懺悔し罪を償ってもらいたい。

2012/06/24

1日2万歩と街道踏破

昨日(6月22日)は午前4時頃からの猛烈な雨で朝の散歩は断念しました。日課となっている朝の散歩は午前5時に我が家を出発。6時15分に帰着するというものですが、この間歩数は8200歩から8500歩ほどです。1日2万歩を課している私としては大きな決断で、こんな日は2万歩を断念するか、夕刻にこの分を取り戻すかになります。昨日は、激しく降り注いだ雨が次第に小降りになり午後には雨が上がって、結局夕刻、やや散歩コースを変更して9千歩ほど稼ぎ、2万495歩。かろうじてですが、課した2万歩をクリアしました。
 さて、どうして2万歩かということです。この2万歩というのは絶妙で、以下の三つがないと到達は不可能です。一つは朝の散歩による8500歩。二つは通勤による5000歩ほど。三つは昼休み、昼食後の散歩で3500歩ほど。それに1日の行動の中で動き回る中での1500歩ほどが加わります。それらをすべて足しても18500歩程になって2万歩には届きません。この足りない歩数をどうするか?ゴミの日であれば積極的にゴミ捨てに行って9千歩ほどにします。昼の散歩でも決まったコースを歩き、時間を計りながら歩数確保に努めます。職場でも意識して動きます。こうすることで、辛うじて2万歩のラインに到達するのです。後500歩足りない等というときは夕食後ちょっと家の周りを軽散歩してきます。一回りで十分です。このことが大事です。500歩程度なら手が届きます。2000歩程なら何とかしようという気力も出ますが、5000歩、1万歩となるともう諦めてしまいます。人というのはそれほど意志が強いものではありません。でも、小さな目標、手が届く目標を続けることはできます。続けるところに意志が働きます。これが大切だと実感しています。

 平成24年6月10日に日本橋に到着して、お伊勢参りとその帰還の旅が終了しました。これも少しずつです。何と日本橋を出発したのは2006年8月16日。品川から川崎に至ったのが、2006年10月21日。川崎から神奈川・保土ヶ谷に向かったのが何と翌年の6月17日。伊勢神宮に至ったのはさらに先の2008年の3月16日ですからずいぶんと時間がかかりました。帰りの旅を始めたのは2010年1月ですからこれは2年後です。そして往復完結が2012年6月。日本橋・三条大橋間は33日間。復路の三条大橋、日本橋は18日でしたから、ずいぶんと間延びしています。どうして、これほど間延びしながらも続けられたのかと言えば、やり始めたのですから、途中で止めるのはもったいない、その一念でした。続けていることに揺り動かされた6年だったということです。
 もう一つあります。旧東海道、日本橋・京三条大橋間はすでに往復踏破していました。それらを振り返って、一番おもしろかったのは最初の日本橋から京三条大橋に向かう旅でした。常にはじめてで未知なのです。その未知がもたらすドキドキ感が疲れを忘れさせ、引っ張ってくれました。新しいものとの遭遇は人をずいぶんとアクティブにするようです。

2012/01/29

定年退職を見つめて 老いとは何か

 定年退職とは何か。老いとは何かを考え始めています。
 昨年3月末に退職して何が変わったかと言えば、収入がダイエットした位です。私の場合はありがたいことに?3月31日をもって定年退職。翌日の4月1日から同業職種に臨時嘱託として勤務を始めました。違いと言えば、徒歩5分だった職場がJR通勤に変わって、かつて勤めていた行政職に変わっただけで、まるで転勤のような感覚でした。ですから生活が大きく変わるというようなこともありませんでした。これがくせ者です。大きな変化がありませんから今までの生活を継続します。でも、収入はダイエットしてます。ダイエットはリバウンドの危険性がいつも伴っていますけれど、こと収入に限ってはダイエットのリバウンドなど望んでもありません。なのにです。相変わらず酒を飲み、相変わらず宴会に顔を出しています。退職したからといってビールが発泡酒や第三のビールに変わったわけではありません。むしろ再び銘柄を選んでワインをたしなみ始めた分だけ我が家の家計は大きくなっています。なんたること!
 気がついている次なる変化は、ピカピカの1年生への変身です。現職の最後は管理職で組織の長でした。ですから、あいさつ・講話がついて回って、傍目に見ればふんぞり返っていた部類です。それが、退職して待っていたのは退職○○会に入会し、新人を演じることでした。現職中、どんなポジションに居たかなど関係ありません。丁度、小学校6年生が最上級生で主役だったのが、中学校に入学して新入生になるのと同じです。明日も歴代の役職の会がありますが、最長老は91歳。この方はいかんせん欠席ですけれど、出席者の中には82歳、76歳がいらっしゃいます。それから見れば60歳などひよこです。60歳を境に新たな人生が始まっています。第三の人生、こう申し上げてもいいと思います。勝負は何か?それは仲間の多さと長生きです。ついでに毒舌ぽく加えれば「したかさ」です。堺屋太一氏が地縁・血縁に変わって職縁社会なる造語を造られましたけれど、言い得て妙です。いつのまにやら60歳を境に職を退いたはずなのに、職にあったことを縁とする社会が延々と(そうなら目出度いのですけれど)続いて、それにすがって生きています。そして、この社会も不思議なもので、入会し?よろしくお願いします等と挨拶します。これから面倒を見て下さい、そのためにお願いします、でしょうけれど、歳を重ねれば重ねる程、お願いされますの域になっていくはずです。それでもなお、年齢によるピラミッドを形成していくところに人間社会のおもしろさがあります。
 60歳等というのは今や老域ではありません。かつては後期高齢者という言葉が高齢者のひんしゅくを買いましたけれど、高齢者であることは間違いないでしょう。でも、年齢を重ねた事実と若さとは違っているように思います。同い年かと思わせるような方々は一杯いらっしゃいます。朝ズバッのみのもんたは67歳。TVタックルでお馴染みの三宅久之は82歳。風貌で見れば、白髪ぼかしのみのもんたに毛がない三宅久之というところでしょうが、どうしてあのように溌剌としているのでしょう。とても老域に入っているとは申せません。ついでながら西川きよし・ヘレン夫妻は65歳。田嶋 陽子、萩本 欽一、 石坂 浩二、 三田 佳子、渡 哲也らは何と70歳。あの名女優八千草薫に至っては81歳。もう化け物ですね。若さというのは心持ちと体力が演じるものだろうと思います。
 車内、運転席の家内は「あーここはよく来たよ」「ここは子どもが小さい頃」とか思い出話ばかりです。思い出は過去のことです。社会は変化しています。その社会を前どりするようにアグレッシブに生きていかなくては「若さ」は保てないでしょう。
 IBMの北城恪太郞氏がおもしろいことを言いました。「あ・た・ま」、「明るく、楽しく、前向きに」です。齢を重ねれば重ねるほど「前向きに」が大事で、新しい世界を自分で開くくらいの心持ちが大事だと思いませんか?

2012/01/23

朝の散歩 荘厳な1日の始まり

私の朝の日課は、午前5時に起床。それから散歩に出かけ、6時半にきちんと家に戻り、朝食を摂り、支度をして7時10分には家を発って出勤しています。
 散歩のコースは毎日同じです。必ず万歩計とタオルを持参し、途中にある掘り抜き井戸からわき出る地下水で顔を洗い口を濯ぎ、一口の水を味わい、気を改めて再び歩き始めます。タオルはそれ用の必需品です。掘り抜きでの一支度が終わると国道1号線(国1バイパスと地元では言っています)添Sanpoyoake_3いの沼川縁に出て、それからぐるっと田んぼ中の団地を周り、再び沼川縁に戻って、今度は西行し帰路に着きます。朝まだきの中、沼川に遊ぶ鴨に混じって、水の中にじっと餌を漁っているSirasagi白鷺がいます。やがて東の空はたなびきオレンジ色に染まります。散歩も、我が家近くに至って沼川の橋上から東を望めば、一直線になった沼川の水面の上に昇り始めたばかりの太陽が黄金色に輝いています。富士も朝色に染まっていますその美しさを喜び帰宅するのが毎日の日課です。何という贅沢。(同じような贅沢は学生時代にありました。 
 12月、1月の散歩はコース変更です。好きな沼川縁を避けて外灯のある中道を東に向かいます。この頃の朝5、6時といえば、漆黒の闇に包まれたままです。沼川縁の小道を東上すると国1を西に向かう車のヘッドライトで、一瞬、視力を失って道が消えてなくなります。暗い早朝、人々は動き始めます。朝の早い民家からは朝餉の灯りが漏れてきます。散歩途中の「すき家」では朝食を摂っているお客もいます。閑散としてまばらな店内がこの時間らしさです。徐々にして静かな1日が荘厳に始まっていきます。夜明け前のわずかな隙間のような瞬間に私も確かに存在しています。
 朝の8千歩で私の器官はすっかり目覚めます。吐く息は白くても体はなんとなくポカポカとして活動的です。そうして朝のひとときに確かな生の充実を感じて私の1日が始まるのです。
 一昨日、数年ぶりにすでに退職された先輩に会いました。定年退職した後、再就職を経て現在は非常勤嘱託で勤められているとか。先輩はしみじみと仰いました。非常勤の不安定な日課より常勤のリズムを持っている方がどれほど幸せか分からない。
 妙にこの言葉が染みいってきました。私の朝の散歩も、結局は職場をもち、スケジュールされた時間の中に位置づいています。「時間の限り」を持っているのです。散歩に出る時間は必ずしも一定ではありません。10分くらいの遅れは珍しくないのでけれど、不思議と帰着するのは6時30分です。恐ろしいほどの人間の時間感覚です。
 時間の限りがあるということは、自分の生活の中に習慣をもたらせている!ひょっとすると定年後離職した後の最も危険なことは、「時間の限り」が意識の中から消えて、リズムが消えることかもしれません。

 

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31