無料ブログはココログ

Taku's World

2018/06/15

ニュー新橋ビル 買い占め反対

昨日は新橋。いつものごとく散髪にニュー新橋ビル内の、ステーションバーバーを訪れた。東京勤めの頃、昼休みに虎ノ門からさっと新橋駅ガード下のステーションバーバーに出かけ、素早く散髪を済ませて職場に戻って間に合った。そのステーションバーバーは新橋駅の改修で消えて、私も東京勤めが終わって、ご縁のない存在になっていたが、偶然にも当時を知る理髪師Kさんに出会い、ステーションバーバーがニュー新橋ビル2階に移動して営業していることを知った。それ以来、もう4年になるか。東京遊びのついでか、散髪のついでかは分からないが、昔話や世間話をしに、Kさんを指名して時を過ごしてきた。ニュー新橋ビルのエスカレータを上がると正面は居酒屋たしか初藤だったと思う。そこまでは、新橋らしくてよい。そこを左に曲がって一直線。一番奥にこのバーバーはある。だが、たどり着くまでが大変。両脇にマッサージ屋がひしめき、歩けば、片言の日本語や手招きが待っている。それを振り払いバーバーの人となる。Kさん曰く。このニュー新橋ビルはすでに中国人女性に買い占められていると嘆く。戦後の闇市の露天は、新橋商事やテキ屋の関東松田組によって、木造平屋長屋形式の「新生マーケット」が設立されて露天は一箇所に集まった。その後、再開発で現在のビルになって、もう50年近くなる。地下には、かっての露天よろしく一杯屋で夜の賑わいを演じている。お父さんたちの聖地が中国に買い占められているということだ。私有地を認めない国の人が私有地を認めている国の土地や家屋を買い占める。変ですよ。これって、占領ではないか。規制を強めて認めない、それでいこう。二人は合点した。

2016/02/28

私の顔は?私が私でなくなる瀬戸際

羽田からバンコクへ。入国審査。女性審査官の後に並んでいたら、男性審査官が戻り、隣の列に移るよう指示され、審査官の前に。しかし、許可が下りない。審査官は何度も何度もパスポートを見直している。そして、もう一度、そこを見ろという指示。見れば、そこには小さなカメラがある。彼はそのカメラが捉えた私の顔とパスポート写真を比べているのだろう。それで許可が下りない。パスポート写真は5年前、2011年8月のもの。さらに審査官の「審査」が続く。この人物は、このパスポート写真の男と同一人物か、と疑っているのだろう。私?何者?私が私でなくなる瀬戸際だった。これで別室に案内されたら、尋ねてみようと覚悟した。「私は何者でしょう」と。私の顔は彼にとって実弾や薬と同じレベルということだ。果たして…。10分程して、ようやく許可が下り、微笑みの国?タイランドへ入国。この5年間、審査官が疑うほどに顔かたちは変化していたのだろうか?

最近のトラックバック

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31