無料ブログはココログ

Taku's World

2022/08/26

書斎の整理=終活

書斎の片付け、整理で1日を過ごした。思い切った。平成9年、教課審の配付資料を全部捨てた。おそらく、国研や国会図書館以外には現存していないであろう内部資料も含まれていた。捨てることは決別。教育展望に更生保護、それらも捨てた。どさりとあった各種会議資料。そこに掲載された関係者の名簿は全てシュレッターに掛けた。我が書斎、1/3は近世文学研究類。学生時代にのめり込み、新採時代に買い足したものが捨てられない。定本西鶴全集、古典文学叢書、徳川文藝類従全巻、寺島良安の和漢三才図絵に人倫重宝記、近世文学資料類従、日本庶民文化資料集成、日本文学史全巻。折口信夫全集、まだまだある。それに日本古典文学大系全巻、これは100巻を超える。学生時代に購入したものは700円から1000円。今や3000円から5000円だ。捨てられない。これらをやがては市立図書館に寄贈しようか。近世文学研究者には必須。暉峻康隆の「西鶴の評論と研究」は昭和40年代後半には2万5千円もした古本。すべて読んだわけではないが、それらを活用した体験は、例えば、髙田郁の「みをつくして料理帖」や「あきない世傳」を読む際にはバックDataになった。和漢三才図絵等公立図書館ではまず所蔵していないだろう。アルバイトに出て、いただいたアルバイト代をもって神保町の古本屋街に飛んだ頃の名残である。この後には教育書が並んでいた。そして、PCソフトの箱が。私の人生そのものである。某大なフロッピーにMO、CDにDVD、これらをどう処分しようか。

2021/01/27

高齢者と老人は異なる

 いよいよ今月卯月の半ばには満の古稀を迎える。数え年ではもう既にである。
「酒 債 尋 常 行 處 有 人 生 七 十 古 來 稀 酒 債 尋 常 行 處 有」(曲江 杜甫)
人生70年古来稀だというが、今やうじゃうじゃ。人生80年の時代、たかが70歳だ。だが、古稀を迎える私より遙かに若かった人がいたし、いる。地下鉄サリンで一躍世界に名を馳せた聖路加病院の故日野原重明氏。サリン事件のこの時、83歳で陣頭指揮を執り630名の治療にあたった。3年前の80歳の時に、大災害に備えて廊下、待合室の壁面に酸素配管2000本を設置していたそうだ。2017年満105歳で世を去られたが、96歳でなお教壇に立っていた。諏訪中央病院鎌田實先生。1948年生まれというから私より3つ上。チェリノブイリ、イラク、東北の支援を今なお続けている。「幸せだから笑うのではない。笑うから幸せなのだ」このことばにぐっときた。励ましの名人だ。何と言っても加山雄三。1937年4月生まれと言うから満83歳か。それでも若大将と呼ばれる。うらやましい限りだ。歌と海をこよなく愛す。タレント業のほか、音楽家としてギタリスト・ピアニスト・ウクレレ奏者、画家でもある。
 高齢者即ち老人ではない、と思い切って私は見栄を張る。北城恪太郞さんではないが、(あ)明るく、(た)楽しく、(ま)前向きに生きることができる人は美しく若々しい。そしてプロであり続けている。人はみな何かのプロだ。プロはその人しかできない何かができる。日野原さんも、鎌田さんも、加山雄三もできる何かをもって、明日を夢見てなお向上心を忘れず、それぞれの社会で人々に勇気と希望を与え、光を放っている。その活力、エネルギー。若い!いくら年齢重ねたって若くはいられるのだ。その逆を言えば、その心の持ちようを失った人が老人なのである。

2020/02/21

VPCL22AJ復活その後

もはや存在しないSONY製VAIOのデスクトップ。10年前の愛機を換装させて復活させたいきさつは書いた。あれ以来快調そのもの。購入時に設定されていた様々な機能がwin10Proで動いている。しかもSSDだから速い。起ち上がりなど、MobileのLET'SNoteRZ4が故障したのではないかと思うほど遅く感じる。HDDの時はRZ4が速く感じたのだが。10年使用すればもうお蔵行きが普通。自分に重ねてみる。あと1年で古稀。そのご老体が成人式を迎えているような変わり様だ。私の体の一部を取り替えたら、こうなるといいのだが。

2020/01/20

PC復活劇 win7からwin10へ。

 昨年3月頃から私のPCが変になり始めた。ちなみに私のPCは平成22年8月に購入したSONY製のVAIO、VPCL22AJ。23インチの一体型Desktop機でオーナーズメイド。23インチディスプレイ。2TBのHDDにメモリーは8GB。これは許容の最大値。ドライブはBD。これにチューナーがついて地上デジタル、BSを視聴できる代物だった。だが、購入した平成22年と言えば2010年。昨年は2019年だから10年使用したことになる。その前は同じSONYのVGC-RA50だった。そちらにも故障があった。メーカーに修理見積もりを出したらメモリーが壊れているとのこと。診断料5,000円かかったが、修理するか自分でメモリーを交換するかと聞いてきたので、返却してもらい、自分でメモリーを入れ替えて使っていた。RA50も7年ほど使ったが、VPCL22AJは10年。寿命が長かった。だが、起きたトラブルがHDDの故障とは気がつかなかった。はじめはHPビルダーで異常が現れた。フォルダーを介してファイルを読めなくなったのである。ビルダーのトラブルかとビルダーを代えたがダメだった。その内にますますおかしくなってリカバリーをかけてバックアップソフトで復元してみたが症状は変わらず。もう一度リカバリーと試みたら今度は完全にアウト。それで業者に修理依頼。これが失敗のもと。5万円近い修理費を支払い、返却されたのは2TBではなく500Gのwin10。修理に出した2TBのHDDは返してもらえなかった。返すのは有償だという。私のHDDであるはずなのにである。壊れていてもデータは引き出せる。そのまま返却してもらえば自分でできた。返ってきたPCはもはや購入時のものではない。付属のアプリ類もなければ、キーボードから本体操作ができるボタンも効かない。購入時ソフトは完全に消えた。データはバックアップとって出したので何とか復元できたが、修理品の2TBHDDを返さない業者は何事か!である。まるで盗人のようだった。
 このPCを購入時に戻すにはどうしたらよいか。どうせならと500GのHDDに換えて500GのSSDを装着して、リカバリーDVDを入れてリカバリーを試みたら2枚目でアウト。次にwin7を購入してOSを先にインストール。そうして再びリカバリーDVDを動かしたらやはり同じ。諦めて10ヶ月。ネット上で誰かがHDDが2TBなら2TBでなければリカバリーは無理と言っていたのを思い出して、Western DigitalのBlue2TBを購入して、同じことを試みたが、これも2枚目でアウト。メッセージをよく見たら305。メディアに傷があるとの表示。要するにリカバリーDVDの2枚目を壊してしまっていたのである。これが原因かとダメ元でリカバリーメディアを購入。VPCL22AJの裏蓋をガチンと壊れそうな音をさせて外して3.5インチのアダプターにSSDをセットして再び蓋を閉めて、WIN7をPC購入時のプロダクトキーでインストール。次に購入したリカバリーDVDを動かしたら、2枚目も通過するではないか。3枚目も通過。4枚目で何回か再起動があってVPCL22AJはSSDに換装されて購入時の状態に戻った。万歳である。
 それを、今度はwin10にアップ。おそるおそるGigaPocket DijitalをクリックしたらTV画面が現れた。動いたのである。この機能はWin7でのみだったはず。しばらく放置している間に、win10に対応するようバージョンアップされていたのである。さらに内蔵していた500GのHDDを外付けにして、おまかせ引っ越しPRO2で10ヶ月間使っていたアプリや設定、データを引っ越し。こうしてwin7マシンをwin10にしてTV視聴もできるマシンに換えたのである。もちろんwin10で使えなくなったアプリもいくつか。VAIOcareのように再設定が必要なアプリもあったが、Gigapocketが動き、VAIO特有の設定も復活。万々歳である。VAIOならではの困ったことがあった。Chromeとgmailである。Chromeはダウンロードできてもインストールができない。何度やっても同じ。ネットサポートを見たらVAIOはオフライン(スタンドアロン)ならインストールできるそうで、それをやったらChromeも設定完了。
 いやあ速い。SSDに換装したらこれ程速いとは。それに静か。ちなみに換装したSSDはCrucial-mx500。2.5inch。3.5インチアダプターはorico。地上デジタルもBSも視聴に録画もOKなので、7月の東京オリンピックでは活躍しそうだ。

最近のトラックバック

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30