無料ブログはココログ

Taku's World

2023/11/01

ハロウィンの馬鹿騒ぎ 収穫祭は我が国にも

ハロウィンの馬鹿騒ぎは、世界中に広まってしまった。渋谷の法外な騒ぎはもう笑いものになっているのに気がつかない。そもそもハロウィンは夏の終わり、収穫を喜び、悪霊を払う古代ケルト族の祭りで、収穫祭という点では、我が国の秋祭りと似ている。が、ハロウィンではノリノリになるが、秋祭りの昨今はしぼむ一方で、祭りをやらない地域も出ている。農家がこれだけ少なくなっていれば、収穫祭なんてやりようがない。結局、ハロウィンは仮装祭りと化し、路上飲みして騒ぐだけの場所と化した。なら、ハロウィンなんて言わずに仮装祭りとでもすればいいものを。渋谷は、この時期、世界中の馬鹿者が集まる場所になってしまった。それにつけ、我が国にも、秋祭り、どんど焼き、節分、ひな祭りというような伝統的な祭りがあった。節分では豆まきが行われて、子供達は家々を回って、お菓子をもらった。ハロウィンと似ている。仮装はしないけれど。でも、今や盛り上がらず。忘れられようとしている。悲しいね。どんど焼きで団子作ったり柳を採りに行ったり…なくなったね。

2021/07/01

1億総アルコール依存症?家飲みいいぞー

最近のコロナ渦におけるお酒の話題をみていると、日本人はいつから1億総アルコール依存症になったのかと思ってしまう。居酒屋もお酒売り上げがないとつぶれてしまうとか。昔、我が町には気概のある中華料理店があって、お酒を注文すると、親父は、「お酒?」そんなもん、うちで飲むと高くなるから近くの酒屋で買ってこいと宣う。料理店だから料理で稼いでいると言いたかったようだ。おいしく廉価。そういえば、台湾の夜市もそうだったね。アルコールを探しましたよ。
私もお酒は好きな方で結構たしなむ。吉祥寺の「いせや」なんて大好きだね。飲み鉄だった。しかしながら、コロナ渦の最近はもっぱら、家のみ。TVに映る路上のみなんて下品でお酒を馬鹿にするなと言いたいところだ。静岡県富士市に薬物・アルコール依存症の専門病院があるが、スタッフが嘆く。せっかく退院してもすぐに戻ってくる。町中に入ればコンビニでアルコールは簡単に手に入る。それで再びアルコールに手を出す。なんだか、あの画面見ながらその話がダブってきましたよ。君らはアルコール依存症かと画面に向かって言っていた。しかも、高田馬場に渋谷。不思議に田町や本郷、中央線沿線の光景ではありませんね。(これは毒舌か)
家飲みはいいよ。家飲み昂じて最近はシェフだ。つまみに料理は自作。アルコールだって食後酒はカクテル自作だ。家のみだからアルコール原価は安く、その分、質や量は上等。優雅にクラシックなど聴きながらグラスを傾ける。最高だね。もっといいのは、飲んで、その後はバタンで眠りに就く。やってみないか、若者達。

 

最近のトラックバック

2023年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30