無料ブログはココログ

Taku's World

« 知的で素敵な人であってほしい | トップページ | 久しぶり 沼津市 市制100周年に寄せて »

2023/01/17

獺祭 旭酒造櫻井社長に学ぶ

昨年薬剤師になった姪っ子から、新年ご挨拶で獺祭をいただいた。そんな高価なお酒を呑んだことがなかったので、仏壇に供えていたら、生もの、できるだけ早くお飲みください、で慌てて封を開けた。獺祭、元旦届けとあった。ワイングラスで香りを楽しみ、喉を通した。甘く芳醇な香だ。「私たちはWineのような日本酒を造ろうとは思っていません。」日本酒らしい日本酒を造ろうとしている意気込みが感じられる。これなら売れると思った次第。だが、その味以上に、この獺祭を調べていく内に、獺祭の櫻井博志社長を紹介した「ぼくらの履歴書」に行き着いた。https://employment.en-japan.com/myresume/entry/2020/06/16/103000 「小さな蔵元で売り上げ減少、廃業寸前から世界の銘酒へ。杜氏の寒づくりから脱却。今日と同じ明日は来ない。何かが起こる前提でやるしかないと櫻井社長。今や世界の獺祭。ぐっと来た。」 とFBに書いてupした。社長の仰るとおり、今日と明日は同じではない。今日は昨日とも異なる。昨日またかくてありけり 今日もまたかくてありなん、ではない。その変化を見つめる目が大事だし、その目があるかどうかで明日を開けるかどうかが決まる。気づきこそ大切なのだ。

« 知的で素敵な人であってほしい | トップページ | 久しぶり 沼津市 市制100周年に寄せて »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 知的で素敵な人であってほしい | トップページ | 久しぶり 沼津市 市制100周年に寄せて »

最近のトラックバック

2023年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30