無料ブログはココログ

Taku's World

« あちこちにガタがきて | トップページ | 大嘗宮を見て »

2019/10/22

隠者の境涯

毎朝五時、カメラ持参で八千歩の散歩に出る。見え隠れする富士のお姿、変わる明け六つの暁光、風の騒ぎ、餌を狙うサギ、水面を滑る鴨にオオバン。桜も散るに嘆いて気がつけば道の辺の木槿。湖水のごとき五月雨の田はやがて稲穂に埋まる。日々に滞留なし。原・沼津間車中七分、積もって一年。十二冊を読了。時は磐走っても淀みがあり泡沫もある。いずれに身を置くか。時は濃く遣え。そう語りかけて時の流れに我が身を置くのみ。

« あちこちにガタがきて | トップページ | 大嘗宮を見て »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あちこちにガタがきて | トップページ | 大嘗宮を見て »

最近のトラックバック

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31