無料ブログはココログ

Taku's World

« 2019年6月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年7月

2019/07/29

佐々木投手の登板回避と部活の闇

部活ガイドライン 抜け道探る動き 「闇部活」の実態

名古屋大学大学院の内田良が表記の小論をWEB上に寄せている。部活ガイドラインの内容は、平成9年9月の体育審中間まとめの内容に近い。あれから22年、何ら変わっていないということだ。だが、その中間まとめも当時の高体連、中体連の組織をあげての抵抗にあって、本答申では消えている。大体が、部活動の負担軽減など彼らが賛成するわけがない。高体連も中体連も、新潟高野連の負担軽減にクレームを付けた高野連も、役員たちはその既存の体制の中で地位を得ている人たちだ。その彼らが自らの足下がぐらつくような改革に乗ってくるわけがないのである。そして、部活動の厄介なところは、特に高校は〇〇大学何人合格、全国総体優勝などを生徒集めのPRに使い、まるで自校の教育成果が有名大学に入れることやインターハイで好成績を修めるところにあるような振る舞いをしているのだから、そう簡単に改革ができるわけがないのである。現実を見たらいい。国際大会で活躍している選手たちで、部活動だけで育ってきた選手が何人いるのか。我が国の全体的な国際大会の結果を見たって、個人スポーツが殆ど。野球やサッカーだって、部活動育ちではなく、クラブ育ちが殆どだ。もっとも中体連の野球は軟式だが。もはや選手育成などは部活動では無理なのだ。大体が公立中学校は小規模校化でチームスポーツはチームを組むこと自体が難しくなっている。学校体育は生涯体育の一貫に位置づけて、ほどほどに、そして運動を好きになるところで十分なのだ。私学経営者もスポーツで経営しようとするなら、クラブをつくればいい。高校に在籍させて、例えば野球のために授業は適当でいい。成績不良でも単位はあげる、修学旅行は行かせず練習優先、なんてあってはならないはずが、それがまかりとおる。変ですよ。それは大蔵省、財務省、それに文科省の責任が大きい。部活動を容認し学校体育でスポーツ行政をやってきたおかげで、この国には、プロのスポーツ指導者が育たなかった。要するに科学的知見をもったスポーツ指導者が殆どいないという状況を生み出してきたのである。生涯スポーツ振興にはお金がかかる。余程学校で学校の施設を利用して、学校の先生方にまかせておいた方が安上がりにできるからである。逆にスポーツ指導者で生計を立てるには、水泳、柔道、剣道、最近では卓球、体操等、個人が入会できるスポーツの分野でしかない。奇しくも大船渡野球部の國保陽平監督は、筑波大学体育専門学群を卒業、社会人クラブチームにも所属し野球米国にも渡り独立リーグの選手にもなっている。さらに監督とはいっても体育科を担当するの教師なのである。大学での知見、米国での経験など国際感覚も有した監督だったのである。佐々木投手は奇跡的によき監督に巡りあったというべきである。
 野球は特別ではない。朝日新聞や毎日新聞が大会を組織しイベントにし記事にしているからおかしくなる。多くの他の種目と同様で、全国大会はインターハイなのである。一同に会せずともいい。5月から1週間に一度の地域リーグ戦や代表戦を7月までにやって代表が甲子園に集まったとしても、4日以上は開けるようにしないといけない。夏の暑さの中、汗と涙、連投にもめげず、ファンがドラマを見るために部活動をやっているのではない。そんな美化されたストーリーのために野球をやっているわけではないはずだ。
 終わりに一言。私は昭和50年代に部活動を学校体育から外に出し、学社連携で実施した経験を有している。私自身、部活動に熱かった教員であったが、この学社連携の育成会によって、①専門的指導者を得て部活動自体の成績は飛躍的に向上した。②これが何より。中学校において、部活動の時間的制約を受けずに、放課後、学習における個人指導や生徒会活動、学級会活動が極めて充実した。勤務時間内から部活動を実施していた他校にはなかったことである。

2019/07/28

趣味では通用しない

FBで家内は産経展の会友資格を得てはいるものの会友申請していないと書いたが、理由はいくつか。産経国際書展の場合、出品公募の50%くらいが入選するのだそうだ。その入選者の中から秀作賞、特選、特別賞とあがっていく。そのうち都美術館に展示される作品は秀作以上で入選作品は展示はされない。名前のみである。しかし、都美術館で展示されているのは、大部分が審査を経ない、つまりは顧問とか理事とか評議員とかの役職の人たちに加えて、審査員や会友の人たちの作品である。会友になるには秀作以上の受章を何回か受けないとなれないのだという。会友になれば審査なしに作品は展示されるのであるが、その会友になるためには年会費2万円の納入が必要ということ。理事や評議員になるとさらに納入金は高くなる。加えて、展覧会の準備の作業お手伝いが加わる。家内は、この納入金を毎年は納められないからを理由に会友申請をしていないのである。さらに家内曰く。会友になれば出品すれば展示してもらえる。一般公募だと審査を受ける。だから、作品を仕上げるのに努力する、それが大事なのでという。だが、会場で大作を見ると、特別賞をいただいる作品は大きく費用と時間がかかっていることがよく分かる。あの大きさの作品を仕上げるには、仕上Oedm9930げる「アトリエ」が必要だが、あいにく、我が家にはその ようなスペースはない。この作品を書いているときは机の上に書いては紙をずらして書いては紙をずらしての繰り返しだった。当然のことながら、よくみると縦の構造に若干の歪みが出ている。目の肥えた審査員は一瞬で見破るであろう。書には広々とした稽古場が必要。家内は自分の創作活動の限界を悟っていると感じた。これが二つ。三つは、前述した役職そのものも長い月日と会派活動、ときには毛並みが必要。家内は、子育てや家庭内、仕事上の都合で稽古はしていたが、会に属した創作活動は20年ほどの空白がある。一般社会ではそれが通常であろう。
 友人の安藤豊邨君は、20代で豊田市の名誉市民になり小学校教員も辞めた。辞めたというより辞めざるを得なかった。二頭は追えなかったのである。書に人生を託した、それで書の世界の中核になり得たし今日がある。

書展を二つ鑑賞したが、その世界は、職業芸術家が師弟関係という巨大な秩序を形成して存在しているのであった。

 

2019/07/12

文在寅 始まった論点すり替え論法と小泉純一郎の犯罪

 韓国への「輸出規制」が日韓両国や世界を揺るがせているが、ことの本質は「優遇措置をやめる」であって、「輸出規制」ではないことは、どう見ても明らかなこと。それを「輸出規制」と言い張り、輸出規制という言葉のイメージのままに、自由貿易を損なう、即座に撤回せよ、「日本のこのような攻撃に対抗して日本製品の不買運動をやろう」とまで文在寅政権の取り巻きがパーフォーマンスしようと動き始めている。
 ???である。氷解した。ことは簡単。今まであなただけは特別よと兄弟皆1000円のお小遣いをあげていた中で次男坊だけには2000円あげていた。それを兄弟皆平等にしようと言ったら、当の次男坊が差別だ、攻撃だ、大変なことだと騒ぎ始めたと言うことだ。それは小学生でもおかしいと分かるはずだけれど、それを政府が言い政治家まで右へ倣え。特別待遇を当然とする甘えと思っていたが、そんな簡単な話ではなかったようだ。
 ことの理は日本側にあることは彼の国は十分に分かっている。適切な貿易管理をしなかった韓国(不適切なという日本側の指摘する事案もあった)、さらに不正輸出156件が摘発とい事実に関しては、韓国が適切に管理していた結果などという笑えるような抗弁もしているが、その論法が狂っていることは子どもでも分かること。犯罪1万件検挙しました。それだけ検挙しているのだから犯罪はありません、とはいえまいに。
 どうしても分からなかったのは、こうもおかしいロジックで抗弁したり、ことを荒立てたり、日本国民の感情を逆なでしたり、まったく不可解な対応を見せる文在寅政権のやることだった。
 だが、その真の狙いがようやく分かった。それは文在寅政権の国内向けの深謀遠慮だった。抗日運動の一環の論理に当てはめ、理不尽な日本の迫害に体を張って防御する文在寅の演出。これで国内の支持盤石を目論む。優遇措置停止という措置を利用して、自陣の支持強化に走っている、解決しようなどという意思は微塵もないということだ。あちらでは、反日こそ国是で、要するに政権救済の手立てで反日感情をくすぐれば益は自分の方に返ってくるというだけの話だ。だからブレーンは不買運動に走る。2004年以前の手続き方に戻して、他のアジア諸国と同じ扱いをするということを、どうしても「報復」で「輸出規制」だという政治論理に変えることで、支持低下や、批判の矛先を躱したいに過ぎない。韓国の国家経済を揺さぶるような出来事なのに、経済問題を政治問題にすり替え、国内問題を対日問題にすり替えて被害者ぶる。全く身勝手で、国民不在の政権だ。この手法、近年の韓国の姿勢に著しくないか。
 そして、もう一つ分かったことがある。韓国がアジア唯一の優遇措置国でありホワイト国になったのは2004年。小泉政権の時だ。このことは、余り知られていなかった。だが、これが小泉政権でというと穏やかではない。小泉純一郎の父は小泉純也、元の名は鮫島純也(鮫島家には純也は存在しないが。勝手に名乗ったとも)、半島では朴純也。文禄・慶長の役で薩摩藩が連れ帰った朝鮮陶工たちを祖にもつ鹿児島東加世田村(田布施)の帰化朝鮮人部落の人だった。朴純也は稲川会小泉一家の三代目小泉又次郎の娘芳江と駆け落ち同然に強引に結婚して日本国籍(内地国籍)を取得。義父小泉又次郎は背中に龍、全身に入れ墨をしていた国会議員で入れ墨又さんと呼ばれていたとか。この部落出身者は全羅北道南原あたり出身の朝鮮人の血を引く人たちが多いという。純也の政治家としての汚点は在日朝鮮人の北朝鮮送還事業(北朝鮮は地上の楽園と喧伝)を主導したこと、東京大空襲や広島原爆投下に関与したカーチス・ルメイに何と勲一等旭日大綬章授章に奔走したことがあげられる。根っこでは日本を憎んでいたか。その子純一郎である。朝鮮・韓国には思い入れが深かかったということだ。それで、純一郎政権下で韓国はアジア唯一の優遇措置国になり、ホワイト国に名を連ねることになった。そういう意味では、小泉純一郎もまた我が国を売った一人とも言えよう。郵政民営化も同じで米国の要望に応えて、公社の民営化を図り米国保険会社に利益誘導していた。それに反対する亀井静香らに抵抗勢力のレッテルを貼り自民党から「追放」。中曽根、小泉純一郎とつながる新自由主義の思想は優勝劣敗。競争原理で差別化を図って行き着くところは格差社会。国の財産である、鉄道も郵便局も民営化という名の下に売り渡し、結果的に外国資本に根っこを押さえられている。国鉄も郵便局も多くの国民の篤志で得た財産であったはずである。こんなことできるのは日本人の感覚ではないと思うのだが。

« 2019年6月 | トップページ | 2019年10月 »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31