無料ブログはココログ

Taku's World

« 2019年5月 | トップページ

2019年6月

2019/06/07

丸山穂高議員の戦争、命。ゲーム脳。

丸山穂高議員の戦争発言報道を見て、とっさに思ったことはゲーム感覚ということだった。リセットできる戦争ゲーム。人の命をやりとりし、その命が消えてくイメージも重みもないらしい。学校教育で体験重視が叫ばれた2000年代の初頭の頃、この人は中学生であったか。私学でひたすら受験勉強に没頭していたであろう。バタフライナイフ、須磨のサカキバラセイト事件、ひょっとすると少年Aと同世代か。黒磯の女性教員殺害事件等々、荒れ狂っていたのは当時の中学生だ。この当時、産経新聞社会部が新潮社から出版した「理工教育を問う」の中には、当時の少年たちの信じられない話が掲載されていた。頁をあけて最初の話がカブトムシが動かなくなったである。カブトムシが動かなくなったではない。死んだのだけれども、子どもはコンビニに電池を買いに行くというのだ。これは母親の投書で実話。平成の一桁の頃、同僚が頭を掻き掻き話されたことも唖然。小学校1年の担任だった彼は面白半分に「海の中ではね、かまぼこは板を上にしてすいすい泳いでいる、ちくわはね、あの穴の中からジェット水流飛ばして猛烈なスピードで泳いでいる」。その昔なら子どもだって大笑いで、先生冗談ばかりでと混ぜっ返したはずだった。彼もまた、そうなると思い笑いながら話した。しかし、後日、保護者から先生いいかげんなこと余り言わないでくださいと抗議を受けたという。本当の話と思い込んだのである。それで子どもは父親にねだった。ねーお父さん、今度の日曜にかまぼこ、ちくわ獲りに海に連れってよー。この頃、日体大の調査で1/3の子どもが人は生き返ると答えたというニュースが流れた。ゲームのキャラクターと一緒でリセットしてまた再生というわけだ。丸山議員の年代を重ねるとこの世代とダブル。戦争はゲームの陣取りゲームでしかない。命を失うキャラクターもリセットで蘇る。戦火に追われ、死んでいく仲間を見ながら命をつないで現在を生きている元島民の戦争観や生命観ではない。そのうえ自分の感覚が正しいと思い込んでいる。左脳のみが肥大化した人?だ。人だとしたら、生物学的に脳に大きな変化が生じているのかも知れない。ゲーム脳?この男、バーチャルと現実との境目が殆どないと私は見た。おっぱいもみたいと言った女性についても、この人にとっては生身で喜怒哀楽があって、むしろ哀しみを湛えた人間という感覚がないのではないか。私の憤りは選挙民にも向く。誰だ選んだのは。選んだ以上、選んだものは責任持てと。国会が懲罰する前に選挙民が辞職勧告するべきだろうに。

« 2019年5月 | トップページ

最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30