無料ブログはココログ

Taku's World

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

2019/05/10

気力の低下に愛機の故障

連休明け、どうも体調が思わしくなく、気力も失せ始めていると感じている。ここのところ、朝の散歩にも出ないことが多くなってきている。

風邪を引き咳き込んでいたのが回復。喜んであちこちに出かけてぶり返し。それに抜歯も大きい。だが、それだけではない。

書斎の愛機VPCL22AJのwin10へのアップから変調が顕在化して、結局アウト。それで仕方なくWEBで見つけた安価(そう読み取れた)な業者に依頼。日光まで旅させて入院させた。ところがである。まず、愛機が規格を超えているという理由で5000円+。どのような点検をするかでさらに1万2千円超を+。見積もり依頼したら、10日も遅れて見積もりが届いたが、この時点で20日を超えていた。見れば、HDDがクラッシュとか。それでHDDの部品交換。都合3万8千円ほど。合計すれば5万円を遙に超える額。webではすべて4890円。ウソだろう。さらに、2TBだった愛機のHDDは500Gで帰ってくるとか。しかもデータ回収不能。自分でアプリは再インストールしてくれとのこと。結局、HDDの交換だけの修理。内臓HDDは2TBで7000円から1万円で手に入る。自分で換装すれば、それで終わりだった。アウトの原因がHDDにあると分かれば、その時点で外に出さず、早く仕上がって、元に戻った。法外な金払ってHDDの交換だけ。すっかり打ちのめされた。知識は金。思い知らされましたね。この商法、PCを送ることから始まるが、結局PCを人質にキャンセルできない状態を作るかなり怪しげな商法。
 かつて、SONYのデスクトップ機が変調を来してSONYに修理出したら、メモリーが壊れています。弊社で修理しますかと聞いてきた。自分でしますと言ったら、費用は5000円だった。そして同等品のメモリーを購入して入れ替えて復活。

 今回は全く違った。東京PC。この名前にもまやかされた。「東京」のもつ信用力だ。さて、どうするか。結局、修理キャンセルするとまたキャンセル料。仕方なくHDDを交換し、それはそれで保管して、つまりは保険にして、自分で元の2TBに換装することにした。このHDD代は別にかかるが(SDDへの換装も可能なようでWEB上で紹介されていた。ここまで費用は5万円超。知識不足のために発生した研修代だった。

 この間、落ち込みも激しかった。いつもの仕事ができないことに加えてどのように帰ってくるか心配で。結局、ダウンロードして導入してあったアプリの中にシリアル番号等が不明なものがあり、それは捨てることにもなる。さらにCドライブにあった私の約10年の講演等の音声データ約半分が消滅。殆ど外付けに記録させておいたデータが全てではなくcにもあったということ。トホホでさらに気力を失わせてくれた。

2019/05/06

女性トイレのこと

昨日5月5日は、蔵の街とちぎへ。朝6時15分発の電車で三島へ。熟考の上で品川まで新幹線。AB席の指定がとれました。品川からは、休日お出かけ切符。小山について両毛線に乗り換え。23分の待ち合わせ。この間にトイレへと向かって驚き。女性が延々と長い列をつくっているではないか。原因は二つ。そもそもが個室の数が少なすぎる。それに和式トイレの存在。家内曰く。女性の個室が3つくらいかな。それに和式が一つか二つか。高齢者は和式を敬遠するそうである。それを聞いてまたびっくり。和式は高齢者用だと思っていた。ところが、高齢者は膝や足が悪く、とてもかがめないので和式を敬遠するのだそうだ。都市圏でさえ、公共施設や学校には今なお和式トイレが数多く残っている。オリンピックを控え、外国人対応で東京都は38億円をかけて洋式に変えるのだそうだ。だが、それだけではない。高齢者の身体理由だ。今や一般家庭で和式トイレを見受けなくなった。平成の初め頃、新築するにあたり、和式トイレだった我が家から仮住まいに転居したが、そこは洋式だった。もうなくなった両親が使えるか心配したが、むしろ喜んでいたのを覚えている。和式トイレは使用法が分からない。今なお和式が残る学校では、入学してきた小学校1年生に個室に足の位置を図示するなど和式の使い方を懇切丁寧に指導するのだそうだ。それでも、公共トイレを使うのが嫌で我慢して体調を崩す子どもがいるということを聞いたことがある。公共施設のトイレで問題になることに男女の量的な格差もある。どうしても「平等」なスペースにすると女性用の数は少なくなる。小山駅で見られたことはその典型であった。それに輪をかけて和式問題が介在してくることになる。行列ができるのも当然なのである。もう一つある。普段の小山駅はあのトイレの数で用は足りていたかもしれない。普段は空いている両毛線のこの連休での混み具合は半端ではなかった。だから臨時列車も出すのだろう。このような繁忙期、女性用の仮設トイレを設置することはできないのだろうか?ちょっとかわいらしく清潔に。その位は益が出るのだからJR等には配慮して欲しいのだが。まあ、やるまいな。利用者より経費節減。増益が善だから。

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30