無料ブログはココログ

Taku's World

« 東名あおあり運転事故のとらえ方 | トップページ

2018/12/07

ノーベル賞にノーヘル症

ノーベル医学・生理学賞を受賞した本庶佑さんに関するテレ朝のモーニングショーを見ていた家内曰く。「あなたもノーベル賞を受賞して私をストックホルムに連れてってよ」だって。私はすかさず返す。「もう毎年いただいているよ。ノーヘル症」。どっと笑って朝の一幕が終わり。
 ノーベル賞は功労賞か。山中さんはや田中さんは若かったが、殆どは年寄りだ。本庄さんがシーズの話をされていたけれど、研究開発には莫大な費用がいて製薬会社はいわば先行投資をする。家内の姪っ子というか縁続きにサイエンスに論文が載ったこともあるneuroscienceの学者がいる。もともとはブラウン大からコロンビア大の院に進んだ物理学者だったが、それからスタンフォード、UCLAと進み、私どもが訪問したときはUCLAの研究室にいた。その彼女が国と製薬会社から研究所に研究費が出ているという。私はすかさず尋ねた。いくらくらい?6億位かなという。そうか、6億円も補助が出ているんだと言ったら、首を振る。いや$だという。驚きである。当時600億円を越える額が研究所に投資されていたのである。日本は勝てっこないと思ったが、本庄さんの怒りは、このあたりだろう。日本の製薬会社は日本の研究室に投資せず海の向こうに投資しているということだ。日本からはひょっとするともう10年もしたら科学・化学・医学分野ではノーベル賞は出ないかもしれない。世界の大学順位や研究費にそれがよく表れていると思う。現在ノーベル賞を受賞されている人たちの若き頃は入試学力一辺倒ではなかったこともあるね。中国や韓国など科挙の影響を強く残している国からは殆ど創造開発の分野で成果をあげる人たちは育たないだろう。特に韓国はたぶん100年だめだろうね。あの大学入試体制では。創造とは本来自由な精神のもとで顕れるのだから。
まあ長嶋一茂のスウェーデン国旗をTポイントと言ったのにはまいったが。日本もこの程度だな。

« 東名あおあり運転事故のとらえ方 | トップページ

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75301/67458362

この記事へのトラックバック一覧です: ノーベル賞にノーヘル症:

« 東名あおあり運転事故のとらえ方 | トップページ

最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31