無料ブログはココログ

Taku's World

« 2018年10月 | トップページ

2018年12月

2018/12/07

ノーベル賞にノーヘル症

ノーベル医学・生理学賞を受賞した本庶佑さんに関するテレ朝のモーニングショーを見ていた家内曰く。「あなたもノーベル賞を受賞して私をストックホルムに連れてってよ」だって。私はすかさず返す。「もう毎年いただいているよ。ノーヘル症」。どっと笑って朝の一幕が終わり。
 ノーベル賞は功労賞か。山中さんはや田中さんは若かったが、殆どは年寄りだ。本庄さんがシーズの話をされていたけれど、研究開発には莫大な費用がいて製薬会社はいわば先行投資をする。家内の姪っ子というか縁続きにサイエンスに論文が載ったこともあるneuroscienceの学者がいる。もともとはブラウン大からコロンビア大の院に進んだ物理学者だったが、それからスタンフォード、UCLAと進み、私どもが訪問したときはUCLAの研究室にいた。その彼女が国と製薬会社から研究所に研究費が出ているという。私はすかさず尋ねた。いくらくらい?6億位かなという。そうか、6億円も補助が出ているんだと言ったら、首を振る。いや$だという。驚きである。当時600億円を越える額が研究所に投資されていたのである。日本は勝てっこないと思ったが、本庄さんの怒りは、このあたりだろう。日本の製薬会社は日本の研究室に投資せず海の向こうに投資しているということだ。日本からはひょっとするともう10年もしたら科学・化学・医学分野ではノーベル賞は出ないかもしれない。世界の大学順位や研究費にそれがよく表れていると思う。現在ノーベル賞を受賞されている人たちの若き頃は入試学力一辺倒ではなかったこともあるね。中国や韓国など科挙の影響を強く残している国からは殆ど創造開発の分野で成果をあげる人たちは育たないだろう。特に韓国はたぶん100年だめだろうね。あの大学入試体制では。創造とは本来自由な精神のもとで顕れるのだから。
まあ長嶋一茂のスウェーデン国旗をTポイントと言ったのにはまいったが。日本もこの程度だな。

2018/12/04

東名あおあり運転事故のとらえ方

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181203-00050045-yom-soci

東名高速道路でのあおり運転事件の公判が始まった。争点は次に集約されよう。

危険運転致死傷罪は運転、走行行為が対象だが、検察側は直前のあおり運転と停車後の事故に明白な因果関係があるとして、適用に踏み切った。冒頭陳述では、事故当時、高速上を計約150台が平均時速70~100キロで走行していたと指摘。被告が萩山さんの車の前で停車したことは「重大な交通の危険を生じさせる速度での運転」に当たると主張した。一方、公判前整理手続きでの同地裁の指摘を踏まえたとみられる予備的訴因の監禁致死傷罪については、被告が謝罪する萩山さんの胸ぐらをつかんで車外に引きずり出そうとし、再発進を困難にさせたなどの行為が監禁に当たるとした。

https://news.nifty.com/article/domestic/society/12145-137727/

要するに事実関係とは別に、この行為が法令条文に合致するかどうかである。変だなあと思う。「重大な交通の危険性を生じさせる速度」というと、誰でも猛スピードと連想するようだ。速度とは時速ゼロから際限なくある。そう考えると何も150㎞、200㎞と速い速度ばかりでなく遅い速度も危険極まりない場合がある。高速道路上は通常80㎞以上で信号もなく走っているのだから、そこに50㎞、30㎞、10㎞の車が走っていたら、ブレーキかけたり走路変更したりしなければならず、「危険」なのである。まして停まっていたら、それは障害物であり危険この上ない。停まる=時速ゼロ㎞という理解が弁護士にもコメンテーターにもできないようなのである。

赤木春恵さんが亡くなって 通夜のこと

赤木春恵さんが亡くなって、3日の通夜の様子が放映されていた。祭壇を見て一言。「俺の時はあんなにしなくていいから」。家内も付け加えて「私もあんなにしなくていいから」。二人で「ぷーッ」(苦笑)(* ̄ー ̄*)。「死んだら何も分かんないから」「その辺に転がされていたりして」「それは私の方が心配」。「ずっとほったらかされていたり」夫婦の毒舌は停まらない。そうだよな。通夜も告別式も亡くなった人のためではなく、亡くなった人を囲んだ人たちのためにあるんだよな。それが旅立ちに際する、故人の最後の報恩だろう。合掌。

2018/12/01

定職なし

3月末をもって肩書きを失って本年ラストマンス。何が変わったか。①留意はしていたが、曜日感覚が薄れたこと。②朝の散歩が長くなり帰着が遅くなった。③家計が苦しくなってきている。①は、決まった時間に決まったことをやるようにしているが、外圧がないだけに、余程意志を強く持たないと日課まで崩れていく。②5時半に家を出て帰着は7時から7時15分。出勤時間がないから目当ての時間がない。①と同じようなもの。③これは堪える。年金が主たる収入源になったが、それ自体が減額の一途。時間ができた分、したいことが増える。しかしお金がない。支出構造を変えればいいのに、現職時代と変わらない。そして、④あの時、あのお金で株でも買っておけば、というような後悔が湧いてくる。それでも、先輩の一言が頭をよぎる。退職後の生き方を見ていなさい。どんな仕事をしてきた人かが、よく分かる。その通り。自分が社会にどう関われるか。自分が背中で何を語るか、ということだろう。退職し、臨時雇用になった途端、掌返しもいれば、遊び仲間と群れるのもいる。中には退職してボランティア世界でもヒラメに徹し自己中のままのデタラメ無責任男もいる。肩書きというのは外圧による自己規制。他律をもたらすものだろう。それが取れたのだから自律の世界に生きているということだ。

« 2018年10月 | トップページ

最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31