無料ブログはココログ

Taku's World

« 中央集権国家の生成過程 | トップページ | 道徳指導 »

2018/05/30

校長職って何?日大事件を重ねて

日大の学長は№3だという。驚いたなあ。小中学校の校長の上は設置者としての首長がいて、首長が主宰する教育委員会があって、事務局のトップが教育長ということになる。だが、そこには一線があって、校長は校務をつかさどり、所属職員を監督するのであるから、一校のトップとして職務権限が法的にも保障されている。どうしてもなじめないのは、日大では学長の上に二人いるということで、それは経営者。それでは、株式会社日本大学ではないか。学校じゃないね。公立学校の校長職にも問題がある。校長職であった人はうじゃうじゃいるけれど、校長職を追い求めた人は希少。学校という小さな世界に鎮座しても、エリアでボス然としても、それはそれはローカルな世界。しかも退職で、そんな地位は消え去っているのに、未だ特別な校長室にいるように振舞っている輩が多いこと多いこと。世界を知らない人は、世界が分からない。世間を知らない人は、世間常識が分からない。退職したら、自分の下には部下はいないと自覚すべきだが、それができない。世間で通用するのは、教育界に身を置いて得た学識や専門性、それに世間に通用する人となり。校長職を追い求めた人は、それを学んでいるから、外の世界で通用する。校長を経験することは権限や権力を使うことを経験することでもあるが(小さな小さなものだが)、校長職とは何かを追い求めてこなかった輩には、その使い方が分からない。社会秩序維持には権力や権限は必要だ。問題はそれをどう使うかだ。大物は少し使うが、小者は振り回す。悪人は、自分のために仲間や一部のために使うが、賢者は、皆のため、人のため、世のために使う。然も公平公正であることに最大限の配慮をする。そんなことは、退職した後のお行儀をみていれば、大物か小物か、本物か偽物かは、すぐ分かると大先輩が教訓してくれた。在職中にトップに立つことの苦しみや懊悩を経験しない輩は、自らを知って蟄居するくらいの覚悟が欲しいが、それで蟄居するような人物は大物ということだ。日大アメフト事件の内田も監督になってはいけなかった小者だったということだ。メンバーを選ぶのに、選ばなかった選手について苦しんだり悩んだりしたことはないだろう。完璧な人なんているはずがないが、開き直って、何を間違えたか、すぐなる世の中を横に歩く自己中は多い。多いし、その取り巻きもこれまた多いということだ。内田のコーチ陣。

« 中央集権国家の生成過程 | トップページ | 道徳指導 »

学問・資格」カテゴリの記事

学校」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75301/66774670

この記事へのトラックバック一覧です: 校長職って何?日大事件を重ねて:

« 中央集権国家の生成過程 | トップページ | 道徳指導 »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31