無料ブログはココログ

Taku's World

« 2012年5月 | トップページ | 2014年2月 »

2012年6月

2012/06/24

1日2万歩と街道踏破

昨日(6月22日)は午前4時頃からの猛烈な雨で朝の散歩は断念しました。日課となっている朝の散歩は午前5時に我が家を出発。6時15分に帰着するというものですが、この間歩数は8200歩から8500歩ほどです。1日2万歩を課している私としては大きな決断で、こんな日は2万歩を断念するか、夕刻にこの分を取り戻すかになります。昨日は、激しく降り注いだ雨が次第に小降りになり午後には雨が上がって、結局夕刻、やや散歩コースを変更して9千歩ほど稼ぎ、2万495歩。かろうじてですが、課した2万歩をクリアしました。
 さて、どうして2万歩かということです。この2万歩というのは絶妙で、以下の三つがないと到達は不可能です。一つは朝の散歩による8500歩。二つは通勤による5000歩ほど。三つは昼休み、昼食後の散歩で3500歩ほど。それに1日の行動の中で動き回る中での1500歩ほどが加わります。それらをすべて足しても18500歩程になって2万歩には届きません。この足りない歩数をどうするか?ゴミの日であれば積極的にゴミ捨てに行って9千歩ほどにします。昼の散歩でも決まったコースを歩き、時間を計りながら歩数確保に努めます。職場でも意識して動きます。こうすることで、辛うじて2万歩のラインに到達するのです。後500歩足りない等というときは夕食後ちょっと家の周りを軽散歩してきます。一回りで十分です。このことが大事です。500歩程度なら手が届きます。2000歩程なら何とかしようという気力も出ますが、5000歩、1万歩となるともう諦めてしまいます。人というのはそれほど意志が強いものではありません。でも、小さな目標、手が届く目標を続けることはできます。続けるところに意志が働きます。これが大切だと実感しています。

 平成24年6月10日に日本橋に到着して、お伊勢参りとその帰還の旅が終了しました。これも少しずつです。何と日本橋を出発したのは2006年8月16日。品川から川崎に至ったのが、2006年10月21日。川崎から神奈川・保土ヶ谷に向かったのが何と翌年の6月17日。伊勢神宮に至ったのはさらに先の2008年の3月16日ですからずいぶんと時間がかかりました。帰りの旅を始めたのは2010年1月ですからこれは2年後です。そして往復完結が2012年6月。日本橋・三条大橋間は33日間。復路の三条大橋、日本橋は18日でしたから、ずいぶんと間延びしています。どうして、これほど間延びしながらも続けられたのかと言えば、やり始めたのですから、途中で止めるのはもったいない、その一念でした。続けていることに揺り動かされた6年だったということです。
 もう一つあります。旧東海道、日本橋・京三条大橋間はすでに往復踏破していました。それらを振り返って、一番おもしろかったのは最初の日本橋から京三条大橋に向かう旅でした。常にはじめてで未知なのです。その未知がもたらすドキドキ感が疲れを忘れさせ、引っ張ってくれました。新しいものとの遭遇は人をずいぶんとアクティブにするようです。

« 2012年5月 | トップページ | 2014年2月 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31