無料ブログはココログ

Taku's World

企業の詐欺的行為

また、企業のデータ改竄が発覚した。KBYの仕業は犯罪だ。何のための装置かと言えば安全のため。その安全であることを証するデータをごまかしているのだから、地面師と同じだ。それで代金を貰っているのだから、詐欺ではないのか。アメリカならトップの両手に手錠だ。個人なら捕まっても会社なら許されるのか。最近、この手の企業犯罪が多すぎる。今日もジャパネットたかただ。日本はいつからこうなった。日本のトップが、嘘八百に強弁と権力で押し通すのだから下々も同じになる。モリカケも化学調味料を昆布にカツオだしと言うようなもので、ばれれば、使用人が勝手にやったことになる。真っ当ではない。悪党の世界だ。誰だ!こんな国にしたのは?

2018/10/17

老後の1人暮らし

家内の友人が訪ねてきた。静岡県人になった挨拶とか。夫に先立たれて15年。子供たちもそれぞれに独立して、1人になって輝くように生きていた。中国語を学び、中国に渡り、書を始めては全国区だ。その彼女が、都心の一等地にあった自宅とアパートを売却して、伊豆高原の特別有料老人ホームを終の住処にしたのだという。実家はお寺だが、父はお寺は潰れていくと言って、後継を作らなかった。彼女が帰った後、家内と顔を見合わせた。彼女は計り知れない財産を持っているから、それができる。さて、私たちは?今どちらかが旅立ったら、どうするのか。墓は?家は?そも生活はどうするのか。先行きは見えない。本気で終活する歳になったか。暗い展望である。

2018/09/07

分散型小規模発電システムの構築を

北海道の全面停電をみて、改めて思った。大規模発電とその送電システムによるインフラは極めて危険だ。なぜ、分散型の小規模発電の普及に努めないのか。太陽光発電も小規模発電のカテゴリーだ。風力もいいだろう。だが、それが総合的なエネルギーシステムとして体系化されていないのが問題で、結局電力会社に収斂されてしまうのである。我が国は、流れの速い小河川が全国に存在している。そこに水車風の発電装置を置くだけで、送電エリアの狭い電力供給システムが構築できるはずだ。レインボーブリッジが、通過する車による振動で発電して、ライトアップしているではないか。そのイメージだ。病院や交通機関などは、併用を義務化して、電気が止まることを防ぐ。困るのは電力会社。電気が売れなくなるからで、これは彼らはできてもやろうとしなかった。儲からないからだ。政治家も彼らと同じ土俵にいた。巨大な発電所をいかにスモールにするか。分散することで、論外な破壊活動にも被害が減じられ、ビクともしないシステムを構築すべきなのだ。小川がさらさら流れている。それは発電のエネルギーだ。最低限、街灯に電気を供給できるはずだし、エリアの家庭の冷蔵庫くらい賄えるはずなのである。真剣になれるかどうかだ。

2018/08/11

腹立たしい男、男の叫び

久しぶりにブログを書く気になった。腹立たしい限りだからだ。ボクシング連盟いや山根明。何者だ、この男。男男と自負しているが、これほど女々しく引き際の無人格者は日本人にはいない。任侠気取りで、俺は歴史を創った男??創った歴史は悪の歴史か。公を私物化し、山根帝国化したに過ぎない。気づいたのはボクシング連盟という暴力団と同じシステムで動く収拾のつかない組織だ。金銭、人事、親分の意のままやりたい放題。その傘の下で動く無法集団。東大卒の弁護士?私は、以下のようなReportを寄せたことがあるが、アレックス・カーの指摘を地で行っているような片腕だ。
 「東京大学はまさにエリートの頂点に立つ大学だが、欧米の基準で見れば学問の園どころか学問の墓場である。大学本来の一大目的は学生に社会奉仕精神、一種の倫理観を育てることだが、東大では全く心得ていない。卒業生はまっすぐ政府の省庁に入り、そこで賄賂を受け取り、暴力団に金を貸し、カルテを改竄し、河川や海岸を破壊する計画を立てる。─同僚も教授も、それに対してうんともすんとも言わない。先進国の名だたる学府で、世界にも自国の社会にもこれほど貢献していない大学はまずないだろう。」
これは、Yale 大で日本学を専攻し、Oxford大で中国学を修めた後、慶応大に通いながら日本の茅葺き屋根を修復して歩いた「美しき日本の残像」「犬と鬼―知られざる日本の肖像」の著者アレックス・カーの愛する日本に向けた近親憎悪にも似たような日本の教育制度批判だ。
これほどの愚か者が日の丸をつけて男男と叫び、歴史を創った男と自弁するのがもう耐えられないくらい悔しいのだ。冷静に見るとこの連盟の図式は安部政権とよく似ている。要は取り巻きが増長させてやりたい放題なのだ。

2018/06/15

東京への修学旅行

この日の東京行きはいつものごとく小田急。小田原から代々木上原まで550円。沼津から小田原までの回数券700円と合わせても1250円。5月末は350円だったから、1000円ちょっと。この日はweekday。小田急が新松田を過ぎた辺りから混み始め、相模大野以降は立錐の余地もないほどだ。代々木上原で降り、地下鉄券を購入して千代田線で表参道へ。ここで銀座線に乗り換え。修学旅行生に出くわしたのは、ここ表参道。制服の女子中学生は立ちすくんでいる。構内の人の波が切れないのだから、地方の子どもは右往左往であろう。これは学習。よい経験でもある。汐留の浜離宮恩賜公園の入口でも修学旅行生に出会った。こちらは集団行動。バス1台。学級での移動かもしれない。浜離宮を選ぶなどなかなか歴史通だ。バスのフロントガラスには「豊橋市立」とあった。沼津にいると奈良・京都への修学旅行が定番だが、名古屋方面の学校はこちらかと思った。六本木でも修学旅行生を見つけた。TDLとセットらしい。何のための修学<iframe src="https://www.facebook.com/plugins/post.php?href=https%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2Ftakuo.uchida.370%2Fposts%2F1836752669963321&width=500" width="500" height="702" style="border:none;overflow:hidden" scrolling="no" frameborder="0" allowTransparency="true" allow="encrypted-media"></iframe>旅行か…。

ニュー新橋ビル 買い占め反対

昨日は新橋。いつものごとく散髪にニュー新橋ビル内の、ステーションバーバーを訪れた。東京勤めの頃、昼休みに虎ノ門からさっと新橋駅ガード下のステーションバーバーに出かけ、素早く散髪を済ませて職場に戻って間に合った。そのステーションバーバーは新橋駅の改修で消えて、私も東京勤めが終わって、ご縁のない存在になっていたが、偶然にも当時を知る理髪師Kさんに出会い、ステーションバーバーがニュー新橋ビル2階に移動して営業していることを知った。それ以来、もう4年になるか。東京遊びのついでか、散髪のついでかは分からないが、昔話や世間話をしに、Kさんを指名して時を過ごしてきた。ニュー新橋ビルのエスカレータを上がると正面は居酒屋たしか初藤だったと思う。そこまでは、新橋らしくてよい。そこを左に曲がって一直線。一番奥にこのバーバーはある。だが、たどり着くまでが大変。両脇にマッサージ屋がひしめき、歩けば、片言の日本語や手招きが待っている。それを振り払いバーバーの人となる。Kさん曰く。このニュー新橋ビルはすでに中国人女性に買い占められていると嘆く。戦後の闇市の露天は、新橋商事やテキ屋の関東松田組によって、木造平屋長屋形式の「新生マーケット」が設立されて露天は一箇所に集まった。その後、再開発で現在のビルになって、もう50年近くなる。地下には、かっての露天よろしく一杯屋で夜の賑わいを演じている。お父さんたちの聖地が中国に買い占められているということだ。私有地を認めない国の人が私有地を認めている国の土地や家屋を買い占める。変ですよ。これって、占領ではないか。規制を強めて認めない、それでいこう。二人は合点した。

«道徳指導

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31